ペット保険

同じペット保険でも犬と猫ではサービスがここまで違う

日本で多く飼われているペットはやはり犬と猫です。ペット保険は主にこの2種について取り扱っていることが多いです。他には鳥やウサギなどのげっ歯類や爬虫類もおり、こちらも対象としている保険はありますが、圧倒的に犬と猫の保険の数より少ないです。そして犬や猫、犬の中でも大型犬と小型犬ではそのサービスが違います。犬も猫も病気もケガもするのになぜなのか、それは犬の方がより怪我や病気をしやすいという点にあります。また猫は死期を悟ると、自らどこかに行ってしまうという子もいます。病院で治療をさせようという前にいなくなることもあるのです。また犬と猫では警戒心が違います。人や物に対して猫の方がより警戒心があり、不用意なものを食べてしまう事は少ないです。しかし大型犬は口も大きいので食べてしまえるので不慮のトラブルも起こりやすいです。また最期まで飼い主と居たいという犬は多く死期を悟ってどこかに行くことはないのです。

ペット保険はそのこの性質によって考えても良い

犬と猫の性質の違いから、ペット保険のサービス内容が違うことがありますが、その個体によって性格も性質も体質も違います。猫も犬も使わないペット保険はずっと使わずに済んだということもあります。ただ犬に関しては予防注射もあるので、猫よりも病院に縁があるといえます。ですから一概にこのペット保険が良いと決めずに、自分が飼っている子の性質などを考えたペット保険に入ることがおすすめです。ただ人間の保険ほど、細かい点を留意したサービスがあるわけではないので、契約内容はしっかり把握しておいてほしいです。そんなペット保険のデメリットはやはりお金がかかるということです。病院に行ってもお金がかかる、いかなくてもお金がかかる、これは命に責任をもつこととして当然のことです。ただ家計に過剰な負担がかかる保険に入る必要はなく、まずは最低限から必要なものを選ぶことも大切です。

ペット保険の内容はメリットだけでなく精査すること

ペット保険のメリットといえば、やはり大小に関わらず病気をした時に、高額な医療費を払わずに済むという点です。人間の病気と同様に、薬や診断が必要になり、その支払いは当然10割になります。薬代も高額になり、診断、治療費もかかります。これが平均3割、もしくは回数制限で無料となるのがペット保険です。手術や通院治療、入院もカバーしているのであれば、本当に金額も安くなります。ただ支払い方法や保証期間などは保険によってバラバラですので、ここは吟味をする必要があります。ただ保険は保険です。入っていても使うことが無ければ幸いですし、使うことがあっても金銭面で助かるのでやはり幸せです。使わないから入らないという選択も、もちろんあってもいいと思います。ペットを家族ではなくペットとして死を受け入れるという考え方もあると思います。ただ責任をもって最期まで看取る事だけは行うべきです。

ペット保険についてお悩みの方をサポートします。 当社の強みは豊富な種類のペット保険を紹介している点であり、インターネットでの申し込みが可能になっています。 複数のペット保険の保険料・保険内容についてワンストップで調べることが出来ます。 ペット保険に関する優良保険会社の一括資料請求・オンライン申込みをワンストップでできます。 ペット保険を楽々比較!!一括資料請求もできるヴィータ