良質なペット保険会社は得た保険料をこう活用する

近年、犬や猫などペットの飼育環境は完全室内飼いの増加とペットフードの品質向上が影響し、ペットの寿命は以前と比べて大きく延びております。反面、私たち人間と同じように風邪をひいたり、食べ過ぎによる肥満や糖尿病となったりなどさまざまな病気やケガの心配があります。私たちには公的に健康保険制度が存在し、もし病気になっても病院で保険適用の診療負担は一般的に3割となっていますが、残念ながらペットの場合、公的健康保険はなく動物病院の治療費用は全額負担です。そのため各保険会社から大切な家族の一員であるペットの健康を守ってくれるペット保険が提供されています。治療費用の一定割合を補償する保険ですが、保険会社によっては手厚いサービスを提供してくれます。例えば獣医師に電話で無料相談できるサポート体制など費用補償以外もカバーするものあり、ペット保険はますます進化しているようです。

犬や猫などペットの健康を守るペット保険のメリットとデメリット

犬や猫、小動物が病気やケガになってしまい動物病院で治療を受けた際、治療費用が発生します。その治療費用の一部を負担補償してくれるペット保険の最大のメリットは、飼い主の経済的負担を軽減しペットの治療を諦めずに健康をとりもどすことができる点です。一般的なペット保険の補償をみると、5割や7割補償が基本となっていますが、最も手厚くサポートされているペット保険では9割近くの補償が実在します。このような条件からメリットはさらに拡大、治療方法の選択肢が増えて高度な動物医療の治療が受けられるようになり保険がペットライフに安心を生み出します。一方、デメリットとして把握しておくことは補償内容が保険によって大きく異なるということです。そのため十分内容を精査し選択することが必要です。加入目的とペットの状態を確認し判断すると良いでしょう。

ペット保険の契約前に確認すべき注意事項

ここ数年、ペット保険を取り扱う保険会社は増加傾向にあります。そのためペット保険の加入をご検討する際、補償など契約内容を十分にチェックする必要があります。絶対にさけなければならないことは、せっかくペット保険に加入していながら、いざという時に補償対象外となってしまうことです。ペット保険は金融商品であり、商品によって内容がさまざまなのです。保険を正しくチェックする視点は、第1に補償内容が充実しているものの保険金の支払い限度額が低く設定してある保険がありますからご注意ください。第2にペットが高齢になった途端、保険料掛け金が急上昇する契約になっていないか確認しておきましょう。第3は保険の適用を受けた後の保険更新時に、契約見直し対象となり補償制限が設定されているペット保険もあります。このような注意点をもとに契約前の確認を行ってみてください。