飼育する数が多いほど保険料が控除されるペット保険の仕組み

ペットの医療費は本来100%飼い主の負担で、大きな手術時にはまとまった費用がかかっていました。現在はペット保険が一般的になり、加入年齢もかなりの高齢でも対応している保険があります。でもペットの年齢が若ければ若いほど、月々の保険料が安いのは人間と同じです。 予期せぬ怪我や病気のためにペット保険に加入しておくと安心ですが、多頭飼いしている飼い主にとって、ペットのために保険に加入しておきたいのは当然のことです。でも、ペット数に比例して保険料が増えていくので、少しでも保険料が少なくなることは、とてもうれしいことです。数が多くなるにつれて、割引率が変わる多頭飼い割引があります。保険会社により割引率が違うので、保険加入する前に比較してみましょう。インターネット経由の加入は割引している会社もあるので、併せてお得にペット保険に加入しましょう。

多頭飼いに少しだけ優しい多頭飼い割引

多頭飼いをしていても、ペット保険の割引率は、あまり大幅な割引ではありません。基本的に1頭当たりの保険料が月々必要です。多頭飼い割引サービスをしていない保険会社もあり、飼い主は保険を頼らず自費でペットの医療費を負担する責任を持った飼い方が望まれています。具体的な割引率は、2-3頭の契約で2%、4頭以上で3%ほどです。月々の保険料から㎞2頭目からは50円割引してもらえる会社もあります。多頭飼い割引を期待するよりも、保険内容を検討することで多頭飼いの保険料を安くすることも可能です。例えば、病気と手術の両方を対象にするのではなく、大きな手術のみに保険料が出るタイプや、保険金の限度額があるタイプなら、保険料が抑えられます。月々の保険料が安いと、次年も継続しやすく、安心してペットと共に生活できます。

人間の生命保険も顔負けのペット保険

人間の保険と同様に、ペット保険にも様々なサービスが付帯しています。例えば、腸内フローラの検査が付帯していて、便を送るだけで簡単に検査できます。さらにその腸内フローラの結果で健康診断が必要と診断された場合は、動物病院での血液検査での健康診断が無料でできるサービスがあります。家族の一員のペットの健康状態は、飼い主が一番気にしている部分です。動物病院での検査は信頼していない飼い主はいないでしょう。それが無料で受けられるのは、うれしいサービスです。病気や怪我の保障だけでなく、他人の物を壊したり、噛みついて怪我をさせてしまったなどのもしもの場合でも、ペット保険の追加料金で保証してもらえます。まるで人間の保険と同じように感じますが、保険の支払い割合を選ぶことができる保険では、30-50%は飼い主が負担する必要があります。保険加入期間やペットの健康などで保険料の差は大きく一律という訳ではありません。