いいペット保険会社は病気対応が充実

ペット保険では、入院と通院まで合わせて幅広く補償しているものや、高額の医療費が発生する入院、手術に特化した保険まで多岐に渡ります。短期の入院や1日のみの利用に対応しているものもあったりと、主契約だけでも保険会社ごとに違いがあります。また、特約にも保険会社ごとの個性があります。契約した飼い主やペット自身の過失によるトラブルの補償は、ペットが他人を傷つけたり、他人の物を壊してしまったなどの法律上の損害賠償責任を補償してくれる特約です。ペットの葬儀費用や、供養のための道具にかかる費用を補償してくれるものもあります。病気などのトラブルで脚を失ったペットのための、車いすの費用を補償してくれるものなど、いいペット保険会社を選べば様々な状況に対応できます。飼主とペットの生活に合ったものを選択しましょう。

ペット保険を検討する際のポイント

ペット保険を選ぶ際のポイントをまとめてみました。ペット保険を決めるポイントは色々ありますが、特に保険料、補償内容、サービス内容の3つが重要です。保険料で注意すべき点は高齢期の値上がりです。会社によっては高齢期になって急に値上がりするケースもあるので、気を付けましょう。補償内容、サービス内容については良いほど保険料は高くなります。どこまで補償やサービスを求めるかをイメージしておくと良いでしょう。また、ペット保険の補償内容を見る上で、注目しなければならないのが補償率です。もちろん補償率が高いと補償金額が多くなりますが、その分保険料が高くなりますので注意が必要です。通院、入院、手術にそれぞれ設定されている回数や日数制限は、その回数または日数までしか補償しないというものですので、こちらも確認しておきましょう。細かいポイントはたくさんありますが、代表的なポイントをご紹介いたしました。

ペット保険を契約する際の条件は

ペット保険はどのペットでも無条件に加入できるわけではなく、いくつかの条件があります。その一つがペットの加入時の年齢です。年齢が7、8歳ぐらいから加入不可能な保険会社も増えてくるので、注意が必要です。年齢の他に良くあるのが、飼育目的と既往歴と健康状態です。ペット保険では興行用や闘犬用などの場合は基本的に加入が不可能で、愛がん動物、伴侶動物として飼育されているペットのみ加入が可能です。ただ、ほとんどの方は問題ないでしょう。既往歴と健康状態は、各社が指定する病気になったことがある、あるいは現在病気である場合、加入できないもしくは条件付き加入になるというものです。約款などで確認できますが、専門的な知識を持たない場合、自分で判断するのは難しいです。気になった保険会社に申し込んでだめであれば別の保険会社に申し込むという方法の方が安心でしょう。